平安貴族の優雅なたしなみである和歌は、今回のドラマでも注目の文化的コミュニケーションツール。そして、私たち現代人にとってもっとも身近な和歌といえば、お正月などに遊ぶ歌がるた「小倉百人一首」でしょう。

「小倉百人一首」は鎌倉時代の歌人・ふじわらのていが編集した名歌集を原形とし、100人の歌人の和歌を一人1首、計100首集めたアンソロジーです。「光る君へ」の登場人物や親族の和歌のほか、彼らが関係する和歌もたくさんられています。

今回は、その中からいくつかピックアップしてご紹介しましょう。

 

めぐりあひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲隠れにし 夜半よはの月影

めぐりあって顔を見たあなたが、確かにその人とも分からない間に、あなたは消えてしまった。まるで雲に隠れる夜の月の光のように。

(紫式部)

紫式部の代表歌ですね。恋人との出会いと別れをんだ和歌かと思いきや、じつはおさなじみの女性と久しぶりに会ったときのものです。年月を経て顔や姿が変わり、「誰?」状態で互いに盛り上がっている間に夜がけ、友は慌ただしく帰宅……。「残念だわ、もっと一緒にいたかったのに」とつぶやく友情の和歌です。

『紫式部集』によれば、この友は妹を亡くしていました。そして紫式部は、母と姉を亡くしていました。寂しさを抱えた二人は、互いに「お姉さん」「妹」と呼び合って親友となりました。が、やがて友は九州へ、紫式部は越前へ。遠く離れても手紙を交わしていましたが、二度と会えぬまま友は亡くなってしまいます。ドラマでのまひろの親友・さわさんは、実在のこの友をモデルにしたものでしょう。

人は皆、出会いと別れを繰り返します。つかの間の交流を思い出として――。仏教の言う「しゃじょう(会った者は必ず別れる)」のさだめは、紫式部の人生そのものでもありました。

紫式部はこの和歌を自撰歌集『紫式部集』の冒頭に掲げています。過ぎ去っていったほかの人々への想いも込めた、彼女自身にとって大切な和歌だったのでしょう。

 

藤原公任(町田啓太)

滝の音は 絶えて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ

この庭の滝の水音は聞こえなくなって久しいが、滝の名声だけは絶えることなく、今もやはり聞こえていることよ。

(大納言公任〈ふじわらのきんとう〉)

公任のこの和歌は、ちょうほう元年(999)9月12日、藤原道長みちながたちと嵯峨さがの大覚寺に出かけたときに詠んだもの。同行した藤原行成ゆきなりの日記『ごん』にも記されています。

大覚寺は平安時代初期には嵯峨天皇の離宮で、広大な庭園の一画に滝がありました。それから200年近い時が過ぎ、公任の見た滝はすでにれています。が、それを「世に流れる名声は絶えない」と洒落しゃれるとは、さすがに知的な公任です。

ちなみに、紫式部が中宮彰子のもとに仕え、彰子が皇子みこ敦成あつひら親王)を産んだ寛弘かんこう5年(1008)、公任はすでに『源氏物語』の読者の一人でした。同年11月1日、皇子の誕生50日を祝う宴席で、彼が「このわたりに若紫やさぶらふ(この辺りに若紫さんはおひかえかな)」と紫式部を冗談めかして呼んでいるからです(『紫式部日記』)。

公任が、『源氏物語』の第5帖「若紫」を読んでいたことは間違いありません。この記述は、このとき公任のような男性貴族にも『源氏物語』が広まっていたことを示す貴重な証言なのです。

じつは、この寛弘5年11月1日は、『源氏物語』の存在が確認できる記録上もっとも古い日付でもあります。それから1000年以上を経た平成24年(2012)に11月1日を「古典の日」とすることが法制化されましたが、その決定にはこういった背景があるのです。

 

赤染衛門(凰稀かなめ)

やすらはで 寝なましものを さ夜けて かたぶくまでの 月を見しかな

さっさと寝てしまえばよかった。あなたを待っていたから、夜が更けて傾くまでずっと月を見てしまったわ。

赤染あかぞめもん

道長みちながの北の方(嫡妻)である源倫子の女房・赤染衛門の作です。赤染衛門は器用で、さまざまな人のために代作をしています。この和歌も姉(または妹)のために詠んだもの。じつはこの女性、道長の長兄・道隆みちたかと交際中でした。ところが、おうの約束をしたものの彼は来ずじまい。一夜を棒に振った彼女になり代わって、赤染衛門が詠み送ったのです。

伝えたいのは、デートをすっぽかされたうらみ。とはいえ、キレ過ぎて彼に引かれるのも嫌。そんな微妙な恋心を、赤染衛門は見事にくみ取っています。彼をねちねち責めることなく、むしろ月を見て彼を待ち続けた姉(または妹)のけなさ、わいさ、そして優雅さがアピールされていて、道隆はれ直したのではないでしょうか。

『紫式部日記』によれば、赤染衛門は彰子や道長から「匡衡まさひら衛門」と呼ばれていたとか。詩人・学者として名高かった夫・おおえの匡衡との夫婦仲の良さから付けられたあだ名のようで、この呼び名からも家族思いの彼女がしのばれます。

 

三条天皇(木村達成)

心にも あらで憂き世に 長らへば 恋しかるべき 夜半の月かな

今はもう生きていたくもない。だが、もしその思いとは裏腹にこのつらい世に生き続けていたら、いつかは恋しいと思うこともあるのだろうな。美しい夜更けの月だ。

さんじょういん

三条院(三条天皇)は、右大臣藤原兼家かねいえによる陰謀・かんの変で退位・出家したざん院の異母弟です。花山院に代わっていちじょう天皇が即位すると、天皇より4歳年上ながら東宮(居貞いやさだ親王)となり、以後25年間、雌伏の時代を過ごします。その後即位できたものの、在位期間はわずか5年でした。

かつて兼家は、孫である一条天皇を即位させるためにほんを起こし、花山天皇の時代を2年で終わらせました。三条天皇を取り巻いていた状況も、このときとよく似ています。これからドラマで描かれると思いますが、最高権力者となった左大臣道長によって、異母兄と同じような事態が繰り返されたのです。

道長は、娘である中宮彰子が産んだ東宮・敦成あつひら親王(のちのいちじょう天皇)の即位を心待ちにしていました。そのため三条天皇に露骨な圧力をかけ、何度も譲位を迫ります。そのストレスの影響からか天皇は重度の眼病にかかり、なぜかだいは2度も全焼……。そんなとき、天皇が避難先の仮内裏で詠んだのがこの和歌です。

その夜の月は、荒涼とえわたっていたのでしょう。

道長といえば、「この世をば 我が世とぞ思ふ 望月もちづきの 欠けたることも 無しと思へば」の和歌がよく知られています。が、彼がえいを手にしたそのかげには、哀感とともに月を詠む三条院がいたのです。

このように、ドラマの登場人物が詠んだ和歌を思い出しながら「光る君へ」を見ていくと、その人の違った一面が浮き彫りになって、さらにドラマを楽しめるかもしれませんね。

②に続く……

※「光る君へ」番外編 〈百人一首の中の「光る君へ」②〉は、8月10日(土)に配信予定。

 

引用本文:「小倉百人一首」(『百人一首(全)』角川ソフィア文庫)

 

当コラムでは下記の4人についても、「小倉百人一首」に採用された歌を紹介しています。
併せてご覧ください。

右大将道綱母(藤原道綱の母/ドラマでは、藤原寧子)
清原元輔(清少納言の父)
儀同三司母(高階貴子)  
清少納言(ドラマでは、ききょう)

京都先端科学大学人文学部歴史文化学科教授。平安文学研究者。紫式部とその作品、また時代背景を研究している。1960年、石川県金沢市生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科修了。博士(人間・環境学)。2007年、『源氏物語の時代 一条天皇と后たちのものがたり』でサントリー学芸賞受賞。2015年、『平安人(へいあんびと)の心で「源氏物語」を読む』で古代歴史文化賞受賞。著書は受賞作のほか、『紫式部ひとり語り』(2020年)など多数。近著に『道長ものがたり』(2023年)。