遠藤珠紀

えんどうたまき

愛知県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。現在、東京大学史料編纂所准教授。朝廷制度を中心とした中世日本史の研究を専門としている。著書・論文に『中世朝廷の官司制度』、『史料纂集 兼見卿記』(共編)、「徳川家康前半生の叙位任官」、「 天正十六年『聚楽行幸記』の成立について 」、「 豊臣秀次事件と金銭問題 」などがある。