NHK-FMの人気番組「アニソン・アカデミー」で生徒会長(番組MC)を務めている“しょこたん”こと中川翔子さんの連載コラム。今回は、いつもの「アニアカ」放送時間に、9時間以上にわたって浅倉大介さんとともにMCを務めた「今日は一日“ディズニー”三昧」について振り返ります。


♪トゥットゥル~。新年、いかがお過ごしですか? 中川翔子です。ことしもよろしくお願いいたします。去年は私にとって、人生がひっくり返るような激動の1年でした。改名も認められて、本名だった「中川しようこ」が1文字も残っていないという状況になっていて、文字通りの意味で人生が変わった! リフレッシュした気持ちで、2024年は心穏やかに過ごしたいなと思っています。その穏やかをキープしながら、お仕事やいろんなことをフルスイングで楽しんで、感謝の気持ちを持ちながら、中川翔子として、もっと頑張っていきたいですね。

だから、芸能の神様を祀った花園神社(芸能浅間神社)でもお祓いをしてもらいました。自分に自信がなかったりするところは私の癖だから、「もっと、あのとき頑張ればよかった」と思うこともたくさんあるけれど、これからも歌い続けていきたいし、仕事もプライベートも充実させて、いい1年にしたいと思っています。

さて先月9日は、いつもは「アニソン・アカデミー」を放送しているスタジオから、同じ土曜日の「アニアカ」時間帯を含めて、浅倉大介さんと一緒に「今日は一日“ディズニー”三昧」をお届けしました。

9時間15分の生放送で、流れたのが全部で102曲! 堂々の100曲超えです!
浅倉さんもディズニーが大好きだから、曲が流れている間も2人で興奮してディズニー作品やパーク(正式名称はディズニーリゾートですね♪)についてしゃべっていたから、全然休憩がなくて。浅倉さんも疲れたと思いますが(笑)。そんな感じでかなり大変だったし、「かけたい曲があるのに、かけきれない!」という状況もあったけれど、改めてすばらしい曲がたくさんあるんだなと実感しました。リクエストにも数多くお答えしたのですが、同じ曲でもオリジナル版を聴きたいとか、日本語版も魅力的とか、いろいろな声があって。9時間15分の放送でも、時間が全く足りませんでしたね。

放送中もSNSを確認していて、「〈アニアカ〉かと思って聴いていたら〈三昧〉で、ディズニー作品は見たことがないから全然わからない……」という書き込みがあったのですが、音楽から入るのだってアリだと思うんですよ。例えば私も、アニソンが好きだけれど本編のアニメは見たことがないものがあるし、そのうち「どんな作品なんだろう?」って思って視聴して、新しい発見があるかもしれない。だから全然遅いとかはないし、今回の放送がディズニー未見の方の「入口」になっていたらいいなぁ、と思いました。

放送開始から割と早い時間にSNSのトレンドで世界一になって、さすが〈三昧〉だな、と。放送に備えた勉強として、私は見逃していた作品を、久しぶりなものを含めて、ずーっと見ていました。『ノートルダムの鐘』とか『プリンセスと魔法のキス』とか『不思議の国のアリス』とか。傑作だらけで、見てよかったなと思える作品ばかりでしたね。

私が好きなクラシックな短編、『シリー・シンフォニー』とか、ドナルドやチップとデールとかの短編もまた無数にあったりするから、そのころはディズニー作品に脳みそが支配されている感じでした。それでも、ところどころ見られなかったから、ディズニー作品を全部見るという私の夢は、まだまだ道半ばですね。

パーソナリティーとして番組を進めながらも、幼いころの情景が頭に浮かんできて、思わず「うわーっ」と声が出てしまったこともありました。「エレクトリカルパレード」と「ファンティリュージョン!」と「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」について話しているときに、浅倉さんが「『エレクトリカルパレード』は、現実には存在しない音階をシンセサイザーのチューニングで不思議な音で表現しているから、異世界感が生まれている」と、キーボードを弾きながら解説してくださったんですよ。

その、デジタルなんだけどアナログ感のある感じが、私にとってはドンピシャで。パーク開園時から私が子どものころまで流れていた曲を聴くと、てんとう虫やかたつむりがくるくる回っていた、夢のような光に彩られた景色を見て「帰りたくないよー」と思っていた気持ちが、今でも鮮明に甦ってくるんですよね。

それが、あのころの、あの瞬間の、あの日に行った自分しかわからない感覚かと思っていたら、日本中、聴いてくれた人たちの多くで共有できたことがSNSの反応から伝わってきて、そのことにも感動しました。やっぱりディズニーってすごいな、骨の髄までファンタジーをくれるんだな、と思いました。私自身も、いろんな作品に出会うきっかけをいただけて、これからも一生ものの趣味にしていきたいと改めて思っています。

5月5日生まれ、東京出身。2004年に開設した公式ブログ「しょこたん☆ぶろぐ」が大評判となり、アニメ・漫画・特撮・カンフーなどの豊富な知識で大きな話題を集める。2006年に歌手デビューして、翌年「空色デイズ」で「第58回NHK紅白歌合戦」に出場。NHKでは、連続テレビ小説「まれ」、ドラマ10「デイジー・ラック」などに俳優として出演。直近では、Eテレ「おとなりさんはなやんでる。」に出演し、総合テレビ「シャンシャンに会いたい」でナレーションを担当。2011年公開のディズニー映画「塔の上のラプンツェル」(日本語吹替版)では、ラプンツェルの声を担当した。

☆「NHKラジオ らじる★らじる」の聴き逃しサービスでも、放送翌週の月曜正午から1週間配信しています。
https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/