中は猫だらけ! 近所の公園ではなく、私のスマートフォンの中が猫だらけなのです。
最近はご出演をお願いする方々がSNSの1つに、写真や動画を簡単に発信できるインスタグラムにいろいろと載せていて、お会いする前にそれを拝見しておこうと、2〜3年前にアプリを入れました。すると、私の知り合いが何人も発信していることが分かりました。AI(人工知能 ) が私のスマホ内の 名簿を参照し、知り合いが発信している映像をオススメとして表示したからです。

でも、それが今回のテーマではありません。実は、オススメの映像の中に猫の動画があって、子猫同士がじゃれ合ったり、高い所に登ろうとして足を踏み外して落ちてしまったり、廊下を走っていて滑って転んだり、そんなたわいもない、でも、かわいい映像なのです。猫好きなのでついつい見てしまって、1つ見ると2つ、2つ見ると4つぐらいの猫の動画が表示され、それらを見ているうちに画面が猫だらけになってしまったのです。AIが私の好きな映像を学習して、次々にオススメ映像を送ってきたのでしょう。

そうこうするうちに、「 猫が好きなら犬も好きだろう」とAIが判断したのか、犬の映像が表示され、わにやライオンや蛇までが表示され、「動物は好きだけど、他のオススメも表示してほしい」と思っていると、中国の女性がこれでもかと化粧をして超美人に変身する動画が届き、何本か見ているうちに、その系統の動画も増えて、動物と化粧美人の映像でいっぱいになってしまいました。

いかりや長介さんではないですが「だめだこりゃ!」と思って、それらを見ないようにして、ようやく減ってきたところです。
かばんの広告を見たらかばんの広告が、腕時計の広告を見たら腕時計の広告がいつまでも表示され、買ったにもかかわらず同じ商品がオススメとして表示されます。

AIに「私のこと、もっとちゃんと勉強して!」と言いたいですが、本当に何でも知られてしまうと、その方が怖いですよね

(なかむら・ひろし 第2金曜担当)

※この記事は、月刊誌『ラジオ深夜便』2023年8月号に掲載されたものです。
最新のエッセーは月刊誌『ラジオ深夜便』10月号でご覧いただけます。

購入・定期購読はこちら
6月号のおすすめ記事👇
▼瀬戸内寂聴が見た『源氏物語』
▼街の陽気な宣伝屋さん
▼戦場カメラマン渡部陽一 
▼角田光代エッセー ほか