政子(小池栄子)、大江広元(栗原英雄)らと新体制を始動させた義時(小栗旬)は、泰時(坂口健太郎)を自身のそばに置き、強い覚悟で父・時政(坂東彌十郎)と向き合う。

あることで時政を叱責する義時。

一方、時政を蚊帳かやの外に置かれ憤慨するりく(宮沢りえ)は、娘婿・平賀ともまさ(山中崇)を担いで対抗することを画策。三浦義村(山本耕史)を誘い、反撃ののろしを上げる。

政子に「何もかも、思い通りになると思ったら、大間違い」と憤るりく。

北条家内の対立が激化する中、源さねとも(柿澤勇人)は和田義盛(横田栄司)のもとへ……。

実朝と妻の千世(加藤小夏)の間に気まずい空気が流れる。