プロアドベンチャーレーサー・田中陽希が、日本を代表する300の名峰を自らの力で登り切る「グレートトラバース3~日本三百名山全山人力踏破」。総移動距離2万キロ、累積標高52万メートル、3年7か月に及ぶを壮大な冒険に密着した様子を、これまでの放送から紹介しよう!


日本三百名山とは?
登山家で作家の深田久弥が選んだ日本百名山に、日本山岳会が選んだ200の名峰を加えたもの。

みやうらだけ(鹿児島県)

1/300座 百名山
(2019年7月22日・23日放送より)
登山日:2018年1月1日・2日
標高:1936メートル

山の特徴:世界遺産・屋久島の中央部にそびえ、「洋上アルプス」とも呼ばれる。中腹には、樹齢1000年を超える屋久杉が息づく神秘の森が広がっている。

Episode 1
屋久島の冬をかみしめて
登山2日目の朝、水辺で顔を洗おうと氷を割る田中。1㌢ほどの厚い氷を、なんと頭でパキン! 出発後、山頂に近づくに連れて、登山道には雪と氷が。滑り止めのチェーンアイゼンを装着し、いざ山頂へ。

登山道には、大和杉(推定樹齢3000~4000年)や 仏陀杉(推定樹齢1800年)などの屋久杉が現れる。

かいもんだけ(鹿児島県)

2/300座 百名山
(2019年7月26日放送より)
登山日:2018年1月15日
標高:924メートル

山の特徴:海へと突き出るようにそびえるため、古くから海上交通の目印となってきた。その秀麗なたたずまいから「薩摩富士」とも呼ばれる。

Episode 2
山頂からの御来光
御来光を拝むべく、暗いうちから登山をスタート。火山れきなどの岩がゴロゴロした登山道を歩き、2時間20分で山頂に到着。頂からは錦江湾や大隅半島まで一望でき、太陽の光が新しい一日の始まりを伝える。

指宿(いぶすき)の観光スポットとなっている「砂むし温泉」をたっぷり堪能!

さくらじまおんたけ(鹿児島県)

3/300座 二百名山
(2019年7月26日放送より)
登山日:2018年1月17日
標高:1117メートル

山の特徴:鹿児島のシンボル。現在も毎日のように小規模な噴火を繰り返す活火山。そのため登山が許されるのは、中腹の湯之平展望所までとなる。

Episode 3
桜島大根を抜くぞ!
桜島・御岳の登頂翌日、次なる山・高隈山を目指す田中は、とある畑に寄り道。そこは、名物「桜島大根」の畑だった。“引っこ抜きたい”という欲望にかられ、畑の持ち主にお願いしてみると、1本であればOKという返事が!

 

湯之平展望所から見える鹿児島市内の夜景。宝石のような美しい輝きを見せる。

(NHKウイークリーステラ 2020年7月3日号より)

1983年、埼玉県生まれ。学生時代はクロスカントリースキー全日本学生選手権で入賞。卒業後、アドベンチャーレースの世界に飛び込み、パタゴニアンエクスペディションレース(2012、2013、2016)で2位入賞など、日本を代表するアドベンチャーレーサーに。2014年に日本百名山、2015年に日本二百名山の人力踏破に成功した。