さね​朝とも(柿澤勇人)の妻になる後鳥羽上皇(尾上松也)のいとこ・千世(加藤小夏)が鎌倉へ到着。政子(小池栄子)らが出迎えるが、愛息・北条政範(中川翼)の凱旋を心待ちにしていたりく(宮沢りえ)は失意に沈んでいた。
 

「政範は畠山重保に殺されたから敵をとってほしい」と時政をたきつけるりく。

そんな中、娘婿・平賀とも​雅まさ(山中崇)が、畠山重忠(中川大志)の嫡男・しげ​保やす(杉田雷麟らいる)への疑惑をりくに告げる。
 

新しい妻・のえ(菊地凛子)を三浦義村(山本耕史)に紹介する義時。

一方、朝雅の振る舞いについて重保から相談された義時(小栗旬)は、父・時政(坂東彌十郎)に……。
 

時政が武蔵国をわがものにしようとしていることを義時に告げる重忠。