源頼家(金子大地)に対してじゅを行った疑いにより、詮議を受ける阿野ぜん​成じょう新納にいろ慎也)。よしかず(佐藤二朗)はその背後に北条家の暗躍があると確信し、対決姿勢をさらに強める。

義時たちは、全成をけしかけた時政を問い詰める。

そのころ北条家では、夫・全成を巻き込まれて激怒した実衣(宮澤エマ)が父・時政(坂東彌十郎)を追及。名乗り出ようとする時政だが、りく(宮沢りえ)に止められる。 

配流された全成のもとになぜか比企能員が現れ……。

義時(小栗旬)は北条家を守るために一案を講じ、畠山重忠(中川大志)の助力を得て……。

ある悲劇が起き、悲憤した政子(小池栄子)に、義時は呼び止められる。