御家人たちのバランスが崩れ始めた鎌倉。北条義時(小栗旬)は北条ととの争いの激化を懸念し、頼時(坂口健太郎)と比奈(堀田真由)を前に決意を新たにする。

善児(梶原善)が「二代目」と言って連れてきたトウ(山本千尋)の武技に息を呑む義時と比奈。
とある出来事でショックを受ける頼時に、義時はアドバイスをする。

そんな中、つつじ(北香那)が源頼家(金子大地)の次男・善哉ぜんざいを出産。三浦義村(山本耕史)が乳母父めのととなるが、比企よしかず(佐藤二朗)は長男・一幡いちまんこそが嫡男であるとけん制。

一方、時政(坂東彌十郎)は、りく(宮沢りえ)から政子(小池栄子)の次男・千幡せんまんを頼家の跡継ぎにといわれ……。

頼家から、源氏以外で初めて国守に任命された時政。