7月3日に放送された大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第26回で、ついに頼朝よりとも(大泉洋)が亡くなり、嫡男・頼家(金子大地)が次なる“鎌倉殿”の座に就くことに。物語は新たなステージに入る中、脚本を手がける三谷幸喜が、義時の変化や今後の見どころを語る。インタビュー前編はこちらから

――ドラマはいよいよ折り返し。主人公・北条義時の成長と変化について、どのように捉えながら執筆をされているのでしょうか。

大河ドラマの脚本は今回で3作目になりますが、毎回思うのは、主人公やその周辺の人たち、特に1年間ずっと登場する人物に関しては、長期展望を作らずに書いているんです。今回の場合は、義時(小栗旬)や政子(小池栄子)がそうですが、そのとき、そのときに彼らが何を考えているのか。先々のことを先読みしないで、事件が起きれば、その瞬間に彼らがどう対応しているのかを考えながら書いています。そうしないと、彼らの人生の最後から逆算して書くようになってしまいそうなんですよね。

ですので、今後の義時に関しては、決してダークサイドに落とそうと思って書いているわけでもありません。僕が書いている義時の人生をたどっていく中で、徐々にブラックな面もかいま見えていくというイメージに近いですね。今、第25回まで来て、極端な話、義時がホワイトとブラックの間でどの辺にいるのかは僕にもわからないし、今後どうなっていくのかは実はわかっていません。それは、今後僕が書いている義時と、演じている小栗さんとで見つけていくことになると思います。
 

――これまでの小栗さんの演技をご覧になって、どのような印象をお持ちですか?

もともと、小栗旬さんという俳優が持っている力をすごく感じていました。以前、僕が監督と脚本を務めた映画に出ていただいたとき、小栗さんは、僕がやってほしかったことを的確に演じてくださいました。そのときに、小栗さんは僕と共通言語を持っている方だな、と感じましたね。

今回の「鎌倉殿の13人」は、僕は演出には関わっていませんが、小栗さんのお芝居を見ていると、「こうやってほしい」、「こういうふうな言い方をしてほしい」という僕の脚本家としての思いをきちんと受け取って、演じてくださっていると感じています。それがとてもうれしいですし、僕の勝手な思いですけど、「鎌倉殿の13人」が小栗さんの新しい代表作になるという気がしています。そして、ここまで義時として演技を重ねてきたからこそ、きっとドラマ後半の義時では、より小栗さんのすばらしさを見ることができると思っています。
 

――そのほかの登場人物ですと、頼朝が亡くなって、北条政子が尼将軍として活躍されていくと思いますが、今後の政子の見どころを教えてください。

すごく不思議なのが、北条政子という人物がなぜ悪女と呼ばれているのかということなんです。例えば、織田信長だったらわかるのですが、政子は、悪女と言われるような悪事はしていないように思うんですよね。

実際、こうして物語を描いていくと、その局面、局面で彼女は、妻として母としてやるべきことをやっているだけ。でも、事態はどんどん悪くなっていくという、むしろ悲劇の主人公だと思うんです。おそらく、それは今後もずっと続いていくと思いますし、小池さんもそういうつもりで演じていらっしゃると思います。僕自身は、真摯な一人の女性として、政子という女性の一生涯を描くことができることに喜びを感じています。


――かつて大河ドラマ「草燃える」では、三浦義村が物語後半の黒幕として描かれましたが、三谷さんご自身は三浦義村をどのように描いていきたいですか?

三浦義村はとても不思議な人で、どの局面においても何を考えているのかわからない。まずは、その面白さを生かしたいという思いがありました。それに加えて、演じる山本耕史さんの魅力ですよね。山本さんには、「新選組!」の土方歳三、「真田丸」の石田三成と、毎回僕の大河に出ていただいて、さあ今回は、山本さんにどの人物を演じてもらおうと思ったときに、つかみどころがないけど、かっこいい三浦義村をぜひ演じてもらいたいと思ったんです。

第25回まで来ましたけど、案の定、いまだに三浦義村は、実際はどんなやつなのかわからない人物ですよね。もうここまで来たら、最後までその感じでいきたいなと。ただ、歴史好きな方であればご存じの通り、これから義村は暗躍しますからね。そして、せっかく山本さんに演じてもらうのだから、最後の最後に、義村の最大の見せ場を用意するつもりです。まだ言えませんが、物語の終盤、ラスボス的な存在で主人公に立ちはだかるのはこの男かもしれません。


――これまでの物語を振り返って、三谷さんの中で最初よりも想像が膨らんできた登場人物はいますか?

自分の意図を超えて成長したのは、善児(梶原善)ですね。これはもちろん梶原善さんの力ですけど、こんなにみんなの心に残るキャラクターに成長するとは思っていませんでした。それを踏まえて、今後の展開の話になってしまいますが、善児にはどんな幕引きがあるのだろうかと考えたとき、やはりここまで成長した善児に対してみんなが満足する退場のさせ方は何かを意識しながら、幕引きのシーンは書きました。

そのほかですと、実衣みい(宮澤エマ)。彼女も、宮澤エマさんが演じたということが大きかったです。最初は、政子の話し相手として茶々を入れるだけのキャラクターのつもりでいたんですけど、資料を調べて書き進めていくと同時に、宮澤さんの演技を見て、それだけではもったいないなと。実衣はもっともっと成長していくべきだと思いましたし、その姿を見てみたいと強く思ったんです。実衣、そして宮澤さんの活躍はこれからが本番ですので、とても面白くなっていくと思います。


――ドラマ後半、そして最終回までの中で現時点の構想を教えてください。

自分の中で決めているのは、主人公の人生が終わるときが最終回だということ。理想は、主人公が息を引き取った瞬間にドラマが終わるという。「鎌倉殿の13人」では、その理想にたどり着けるのかはわかりませんが、今言えるのはここまでですかね(笑)。

※三谷幸喜さんのインタビュー前編はこちら!

三谷幸喜(みたに・こうき)
1961年生まれ、東京出身。舞台、映画、ドラマなどの脚本を多数執筆。映画監督としても活躍中。NHKでは、大河ドラマ「新選組!」「真田丸」、「風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇」などの脚本を担当。