6月26日に放送された大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第25回は、
征夷大将軍・源頼朝よりとも(大泉洋)が馬上から崩れ落ちる“衝撃のラスト”となった。
そして、次週よりドラマは後半戦に突入――。
ますます目が離せない展開となる中、脚本を手がける三谷幸喜が、
“大泉”頼朝への思いと今後の見どころを語る。

――第25回では、死が迫る頼朝を誠実に描き、三谷さんの頼朝愛を感じました。改めて、頼朝という男への思いをお聞かせください。

何より源頼朝という人物を、メインの登場人物として描けるうれしさ、喜びというのは脚本家みょうに尽きます。決して聖人君子ではなく、女好きだったいう面も含めて、いろいろ問題を抱えた人でもあるけれど、頼朝ほどドラマチックな人生を歩んだ人はいないですからね。

そういう意味で言うと、誰が脚本を書いても魅力的になるような気はするんですが、それくらい人物として面白い方だなと思います。
 

――「頼朝の死」を書くうえで、意識されたことは何ですか?

頼朝の死にはいろいろな説がありますが、僕としては、これだけ長い時間、脚本家として頼朝と寄り添う中で、彼なりのつらさや孤独を十分に感じてここまで来ました。だから、「最期はちゃんと死なせてあげたい」という思いがありました。

暗殺説もありましたが、誰かに殺されるというのは、そこに殺す側のドラマが生まれてしまいます。そうではなく、あくまでも頼朝側のドラマとして完結させてあげたかったんです。それで最期は静かに死なせてあげることにしました。

一体、彼の人生は何だったんだろうか、彼ほど寂しい男はいなかったんじゃないか。頼朝の最期の1日を丁寧に描くことで、その答えが浮かび上がってくるように心がけたつもりです。

これまで積み重ねてきた24回に比べると、第25回はおごそかな1日というか。そんなイメージで書きました。それを演出の吉田照幸さんもきちんとくみ取ってくださって、静かに頼朝の死が近づくという回になったと思います。

頼朝役の大泉洋さんもそれを理解して、一生懸命演じてくれました。ともえ御前(秋元才加)と対面するシーンでは「自然と涙が出てきた」と大泉さんは言っていたそうです。僕自身は、あんなに頼朝が泣くとは思わなかったんですけど、それはこれまで演じてきた積み重ねのうえでの涙だったのではないかなと思います。
巴御前と対面し、木曽義仲(青木崇高)を討ったことを涙ながらに詫びる頼朝(第25回より)。


――第25回の中で、三谷さんの想像を超えたシーンはありましたか?

43年前の大河ドラマ「草燃える」は僕もすごく感銘を受けた作品で、とても印象的だったのが、頼朝が馬から落ちた回。当時は、もちろん自分が脚本家になるなんて思ってもなかったですし、大河ドラマで同じ時代の物語を書くなんて想像もしていませんでした。

ただ、当時、そのシーンを見て、僕だったらこういうふうに書きたいと思ったんです。それは、頼朝の死に方や馬からの落ち方ということではなく、それぞれの登場人物に感情移入して見ていたので、頼朝が倒れた瞬間、それ以外の人たちは何を思い、何をしていたんだろう、とすごく気になったんです。

ですから、「鎌倉殿の13人」では、頼朝以外の人々の部分を書かせていただきました。僕のイメージとしては、一瞬一瞬でいろいろな人の顔が浮かぶイメージでしたが、演出の吉田さんが僕の思いをより強調してくださって、一人ひとりにじっくり時間をかけて、それぞれの生活を描いてくださいました。「僕が43年前に見たかったシーンはこれなんだ」ということを感じることができて、とても感謝しています。


――第25回、義時(小栗旬)と頼朝が最後に語り合うシーン。義時から「鎌倉殿は昔から、私にだけ大事なことを打ち明けてくださいます」という言葉は、2人の関係を表すセリフだと感じましたが、三谷さんがこのシーンに込めた思いは?

僕は脚本を書くときに先々の展開をあまり計算していないんです。もちろん物語としての全体的なプロットはありますが、そのとき、そのときの登場人物たちの思いを、その瞬間瞬間に「見つけていく」イメージなんです。

ですので、義時の人生をたどる中で、頼朝が亡くなるときの義時はどんな思いなんだろうかということを、自分なりに義時になって振り返ると、やはり頼朝から教わったことはたくさんあるし、いいことも悪いことも含めて、人の上に立つ、(まつりごと)をするうえでの大事なことを学んできた。

義時は頼朝からすごく影響を受けてきたことを、改めて僕自身も第25回を書いているときに思い出したんです。その義時の思いをセリフに表現すると、「鎌倉殿は昔から、私にだけ大事なことを打ち明けてくださいます」という言葉になりました。僕の中の義時が、頼朝とのこれまでの主従関係を振り返りながら書いたセリフですね。


――「鎌倉殿の13人」の頼朝像は、演じる大泉洋さんと三谷さんとの信頼関係があったからだと思いますが、改めて大泉さんへの思いをお聞かせください。

もちろん大泉さんが頼朝を演じたことで、結果的にこのような頼朝像ができあがったというのがすべてだと思います。それは僕の中で、大泉洋さんという俳優の魅力、力量を理解したうえで、彼だったらこれができる、僕が望んでいる頼朝像をきちんと演じてくれる、もしかしたらそれ以上に演じてくれるだろうという信頼がありました。

実際に「鎌倉殿の13人」の放送が始まってから、彼と会うことも、メールのやり取りもほとんどしていません。でも、完成した作品を見ながら、「大泉さんはやっぱりわかってくれているな」と常に感じていました。やはり彼以上に頼朝という役を演じられる人はいなかったと思いますし、孤独な面も含めて、こんなに人間味のある頼朝を演じられるのは大泉さんだからこそだと思っています。

彼とはほとんどやりとりはしていないんですが、今作の頼朝が視聴者の皆さんから嫌われているということを、大泉さんが気にしているという話を聞いたので、「日本中の人が嫌っていても、僕は君のことが好きだよ」とメールをしました。そうしたら、「おまえのせいだ!」という返事がきました(笑)。

※三谷幸喜さんのインタビュー後編は、7/4(月)公開予定。

三谷幸喜(みたに・こうき)
1961年生まれ、東京出身。舞台、映画、ドラマなどの脚本を多数執筆。映画監督としても活躍中。NHKでは、大河ドラマ「新選組!」「真田丸」、「風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇」などの脚本を担当。