不幸が続き、不安にさいなまれる源より​朝とも(大泉洋)。政子(小池栄子)が心配するなか、過剰に助言を求められる全成(新納慎也)は困惑し、実衣(宮澤エマ)と思案する。

頼朝は、政子と義時にあることを告げる。

一方、源頼家(金子大地)に長男・いち​幡まんが誕生。よしかず(佐藤二朗)は鎌倉殿の継承に心を躍らせるが、比企の台頭を危惧するりく(宮沢りえ)は北条時政(坂東彌十郎)をたきつける。

頼家の妻・せつ(山谷花純)が一幡を、頼朝に抱かせようとするが、頼朝はなぜか子どもを恐れる。
義時は、突然不安を感じて......。

そんなとき、頼家に呼び出された義時(小栗旬)は、三浦義村(山本耕史)から......。