より​朝とも(大泉洋)とまん​寿じゅ(金子大地)が巻狩りを終えて無事に戻り、喜ぶ政子(小池栄子)。しかし、頼朝は自身に代わって鎌倉殿の座に就こうとした弟・範頼のりより(迫田孝也)を許さず、その余波が鎌倉を揺るがしていた。

頼朝に「鎌倉殿の座を狙った」と疑われるのではないかと不安になる範頼と三善康信(小林隆)。

比奈(堀田真由)を傍らに、三浦義村(山本耕史)、金剛(坂口健太郎)と思いを巡らせる義時(小栗旬)。

比企尼(草笛光子)に「立場は人を変えますね」と叱責される頼朝。

そんな中、亡き許嫁いいなづけ・源義高(市川染五郎)を慕い続ける大姫(南沙良)は、頼朝が用意した縁談を歯牙にもかけず……。

義高のことを聞こうと、大姫は巴御前(秋元才加)を訪ねる。