よりとも(大泉洋)の上洛が決まり、命に従い随行する北条義時(小栗旬)。大軍を率いて念願であった京へと上った頼朝は、後白河法皇(西田敏行)、九条かねざね(田中直樹)と会談。今後の世のあり方を思い描く。

お忍びでやってきた政子(小池栄子)と、子どものころの思い出話をする義時。

そんな中、自分たちには利益のない上洛に、三浦義澄(佐藤B作)、岡崎よしざね(たかお鷹)、千葉つねたね(岡本信人)らが不満を募らせていた。一方、よしかず(佐藤二朗)は比企家の地位を盤石にするため、一族の比奈(堀田真由)を……。


比企能員と道(堀内敬子)は、ある人物に比奈を紹介する。

 

(回想)三浦義村(山本耕史)にあることを語った八重(新垣結衣)。