京を離れ、奥州へ逃れた源義経(菅田将暉)。しかし、温かく迎え入れてくれた奥州の覇者・藤原ひでひら(田中泯)がほどなく死去。

義時は、頼朝の使者として藤原国衡・泰衡兄弟と対面する。

これを知った北条義時(小栗旬)は、状況を探るため平泉行きを志願するが、義経の才を恐れる源よりとも(大泉洋)は、藤原くにひら(平山祐介)・やすひら(山本浩司)兄弟の仲の悪さにつけ込み、義経を討つように冷たく命じる。

命の危険が迫る中でも、なぜか楽しげな義経。

八重(新垣結衣)に見送られ、平泉へと発つ義時。一方、捕らわれた静御前(石橋静河)は鎌倉で......。

舞を披露する中で、静御前はあることを決意する。