26話のココに注目!(ネタバレあり)

1972年5月。高校を卒業した比嘉のぶ(黒島結菜)は、料理人になるために東京にやってきた。大都会の人ごみ、行き交う車に衝撃を受け、そして銀座のレストランの西洋料理にびっくり!

そして、兄・賢秀(竜星涼)がいるボクシングジムを訪問したところ、衝撃の事実が待っていた。上京初日から、暢子に人生最大のピンチが訪れる。