鎌倉入りを許されず、京で悲嘆にくれる義経(菅田将暉)。北条義時(小栗旬)は大江広元(栗原英雄)に知恵を借り、より​朝とも(大泉洋)と義経との関係修復を模索するが、後白河法皇(西田敏行)はそれを許さない。

八重に義経との仲たがいについて説教された頼朝。その愚痴を陰で聞いていたのは?

愚痴をもらす頼朝に対し、苦言を呈す八重(新垣結衣)。この状況を政子(小池栄子)が憂う中、京では義経をめぐって里(三浦透子)と静(石橋静河)が対立。

義時たちは、頼朝と義経を仲直りさせる方法を話し合う。

さらに、源行家(杉本哲太)が義経に近づいて、頼朝への疑心をあおり……。

頼朝と義経の対立が決定的になったが、三浦義村(山本耕史)は「戦にはならん」という見立てを義時に告げる。