25話のココに注目!(ネタバレあり)

のぶ(黒島結菜)は、兄・賢秀(竜星涼)のおかげで無事卒業後に上京できることとなった。別れの春、妹の歌子(上白石萌歌)は転勤が決まった音楽教師・下地(片桐はいり)から、心に残るレッスンを受ける。

1972年5月15日、沖縄が本土復帰を果たしたその日、暢子は故郷を離れて単身上京することに。母・優子(仲間由紀恵)、姉・良子(川口春奈)、妹・歌子に見送られ、夢をかなえるため、東京へ一人出発する。