人気放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(三谷幸喜作)。5月8日(日)に放送される第18回「壇ノ浦で舞った男」では、タイトルのとおり、平家が滅亡にいたった「壇ノ浦の戦い」が描かれる。まさに、前半のクライマックスとなる注目の放送回を前に主演の北条義時役・小栗旬がオンライン取材に応じた。

第18回で印象に残っているシーンについて、小栗は、
「壇ノ浦の戦いが終わったとき、最後に義経と話をするシーンがとても印象に残っています。ロケーションも本当にすばらしい場所で撮影させていただいて。義時自身は、自分たちが目指していた“平家滅亡”というものは、果たしてこういう形が正解だったのだろうかと悩む。その一方で、また違う悩みを持った義経がいて。2人の会話の中で、義時が初めて義経に対して意見を言う瞬間があるんですけど、そこはぜひ注目してほしいですね」とコメント。

また、義経役・菅田将暉との共演について聞かれると、
「過去にも数々の作品で共演しましたが、今回初めて、菅田くんのほうが年上という設定なんですよ(笑)。でも、それが物語においてとても大きな意味を持っていて。やはり、義経にとって義時は眼中にないんですよね。『小四郎なんとかしろ』と言う瞬間もあったりするんですけど、彼にとっては、よりともの家人の一人にすぎない。そんな関係性の中で義経を演じる菅田くんのすごいところは、今まで僕が見てきた“菅田将暉”とはまた違う存在感を放っているなと。本当に底の知れない人というか。撮影現場で悩んでいるそぶりも見せないので、いつどのタイミングでお芝居のことを考えているのかなと、不思議に思います」と絶賛した。

壇ノ浦の戦い後、また新たなステージへと進む義時。今後の見どころについて、
「壇ノ浦で平家が滅亡してからは、ますます源氏の話が中心になっていきます。これから頼朝という人が、どういう形で鎌倉というものを作り上げていくのか――。そこに付き従っていく中で、義時がだんだんと、今までふられてこなかった仕事を任せられるようになっていきます。そこでの決断の積み重ねによって、義時の中で徐々に迷いが減っていくというのが、これからのテーマになっていくので、引き続き、ご覧いただけたらと思います」とアピールした。