為時ためとき(岸谷五朗)が淡路守あわじのかみに任命され、惟規のぶのり(高杉真宙)、いと(信川清順)も大喜び。しかし、まひろ(吉高由里子)は、宋の言葉を解する父は越前えちぜんのかみの方が適任だと考える。

一方だいでは、ざん院(本郷奏多)の牛車ぎっしゃに矢を放った一件で、一条天皇(塩野瑛久)が伊周これちか(三浦翔平)と隆家たかいえ(竜星涼)に厳しい処分を命じた。

さらに、さだ(高畑充希)は兄弟の不祥事により、内裏を出ることを命じられる。絶望のふちに立たされた定子は……。