2月6日に逝去された指揮者・小澤せいさんをしのんで、総合、Eテレ、BSで関連番組の放送が決定しました。

NHKの豊富なアーカイブス映像と証言インタビューで再構成したドキュメンタリーのほか、さまざまなジャンルの番組から“世界のオザワ”が追い求めた音楽の核心に迫ります。


小澤征爾 終わりのない実験~“世界のオザワ”が追い求めた音楽~

3月17日(日) 総合 午後1:50~2:59 ※北海道、佐賀県は別番組を放送

2月6日に亡くなった指揮者の小澤征爾さん。その足跡をNHKの豊富なアーカイブス映像と証言インタビューで再構成します。

23歳で海を渡り、巨匠との交流を経て“世界のオザワ”と評された小澤さんが、生涯を通じて語り続けてきた言葉――。

「中国に生まれ、日本に育った僕がどこまで西洋音楽を理解できるか。一生をかけて実験を続けるつもりだ」

小澤さんの追い求めた音楽に迫ります。


プレミアムシアター

3月17日(日) BSP4K 午後11:20~午前4:00
3月18日(月) NHK BS 午前0:05~4:00 ※17日(日)深夜

小澤征爾指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会1986年

曲目:交響曲第7番「未完成」(シューベルト)
   交響詩「英雄の生涯」(リヒャルト・シュトラウス)

1986年ベルリン・フィルの来日公演。もともとカラヤンが指揮する予定でしたが、急病のため来日がかなわず、きゅうきょ小澤さんに代役の白羽の矢が立ちました。これが、小澤さんとベルリン・フィルが日本で共演した初めての演奏となりました。

小澤征爾のベートーベン「交響曲第2番」※BSP4Kでの放送のみ

曲目: 交響曲第2番 ニ長調 作品36(ベートーベン)
管弦楽:サイトウ・キネン・オーケストラ
収録:2015年9月6日 キッセイ文化ホール(長野県松本市)

小澤さんは 1992年に「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」を創設。
2015年には「セイジ・オザワ松本フェスティバル」として新たなステージに踏み出しました。その年、80歳を迎えた小澤さんが指揮したベートーベンの交響曲第2番です。


小澤征爾&ズービン・メータ指揮 ウィーン・フィル来日公演2016

3月19日(火) BSP4K 午前0:00~2:19 ※18日(月)深夜

曲目:交響曲第7番「未完成」(シューベルト) ほか

2016年ウィーン・フィルの来日公演。「ウィーン・フィル名誉団員」の称号を贈られるなど、あつい信頼関係で結ばれた小澤さんとウィーン・フィル。初共演から50年の節目にあたる2016年の来日公演では盟友ズービン・メータと共にタクトをとり、聴衆は大いに沸きました。

1986年、2016年の2つの演奏会では、共通してシューベルトの交響曲第7番「未完成」が奏でられています。小澤さん30年の足跡を体感しながら、ベルリン・フィル(3月17日・18日放送の「プレミアムシアター」)とウィーン・フィルの音色の違いもご堪能ください。


ETV特集「小澤征爾 日本人と西洋音楽」 (初回放送:1993年)

3月23日(土) Eテレ 午後11:00~11:45 

1992年11月、ヨーロッパ音楽の最高峰ベルリン・フィルハーモニーから名誉ある「ハンス・フォン・ビュローメダル」を贈られた小澤征爾さん。
小澤さんの西洋音楽に寄せる熱い思いを紹介します。