政治経済の動きから、暮らしに直結する話題や最新トレンドまで、幅広いテーマを徹底した現場取材で掘り下げる「クローズアップ現代」。

今回3月12日(火)の放送では、映画『オッペンハイマー』の日本公開(3月29日)が迫るクリストファー・ノーラン監督へのインタビューが実現しました。ロサンゼルスでノーラン監督へのインタビューを担当したのは、桑子真帆キャスターです。

数々のヒット作を世に送り出してきたノーラン監督が最新作で描いたのは、第二次世界大戦下、世界の運命を握ったアメリカの科学者ロバート・オッペンハイマー。

原子爆弾を開発した後、オッペンハイマーの人生は大きく揺らいでいきます。今年のアカデミー賞では最多13部門でノミネートされています(受賞作が決定する第96回アカデミー賞授賞式は、日本時間3月11日に開催予定)。

映画製作の中で、常に大きな“問い”と向き合ってきたというノーラン監督。その才能と創造の秘密に迫ります。さらに、かつてノーラン作品に出演した俳優・渡辺謙は、「迷宮に迷い込む感覚」だったという撮影現場の裏側を明かします。

戦争が世界に暗雲をもたらしている現代、ノーラン監督はどのように世界を見つめているのでしょうか。そして、飽くなき映画への情熱は、私たちに何を投げかけるのか……。


 クローズアップ現代
「果てしなき“問い”の先へ 映画監督クリストファー・ノーランの世界」

3月12日(火) 総合 午後7:30~7:57
※NHKプラスにて3月19日(火)まで見逃し配信

【関連情報】オッペンハイマーの生涯を描いた、この番組も必見👇
「映像の世紀バタフライエフェクト」マンハッタン計画 オッペンハイマーの栄光と罪(2月19日初回放送)
NHKプラスで、3月7日(木)午前0時34分まで配信されています(NHKの公式サイトに移動します)