3月8日は、国連が定める「国際女性デー」。
この日にあわせて、NHKと民放各局(日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ、TOKYO MX)7局が連携し、女性の生き方や健康について考える情報をテレビやSNSで集中して発信するキャンペーン「#国際女性デーだから」を行います。

このキャンペーンでは、3月の1か月間、共通のロゴ「#国際女性デーだから」などを掲げ、女性の生き方や体と心をめぐるさまざまな課題、そしてその解決に向けた手がかりを、テレビやラジオ、インターネットを通じて幅広く発信。さまざまな立場の人に考えるきっかけとなるコンテンツを届けることを目指します。


スペシャル・コラボ座談会
「#国際女性デーだからあのころのわたしへ」

7局のアナウンサーらが集まり、進学、就職など人生の岐路に立つ学生のみなさんを応援するトークイベントを3月3日(日)に開催。公開収録を行い、それぞれのメディアがテレビなどで発信します。

「結婚・育児・仕事のバランスをどうする?」「自分らしく働き続けるにはどうすれば?」……キャリアやライフプランの選択をめぐり、視聴者のみなさまから寄せられたお悩みや疑問に、アナウンサーたちが自身の体験を交えながら、いっしょに考えます。

【出演者のコメント】

「予測が難しく変化のスピードが速い今の時代、生き方のヒントをみんなで話しましょう!」

 

「この悩み、私だけ? もしかしたらそれは社会問題かも。一緒にモヤモヤ解消しましょう!」

 

「若い皆さんの人生が希望にあふれ、豊かな社会を作っていけるよう、一緒に頑張りましょう」

 

「最近やっと自由になれた気がします。何があると変われるのか、皆さんと考えたいです」

 

「あの頃に比べて、今は多様な生き方が選べます。一歩を踏み出す自分を誰よりも言じて」

 

「選択に迷う時期、私たちの経験と言葉が何かのお役に立てれば!そう思って臨みます」

 

「人生をどう生きるか、ライフプランやキャリアについて皆さんと考える日にしたいです」


【イベントの放送】
あのころのわたしへ~就活・生き方語り合おう~

3月31日(日) 総合 午前8:30~8:55 ※番組タイトル・放送日時は変わる可能性があります

マイあさ! 

3月8日(金) ラジオ第1 午前8時台前半 ※番組タイトル・放送日時は変わる可能性があります


また、ことしで3回目となるこのキャンペーンには、女性と若者の健康と権利を守る啓発活動などを行う国連機関UNFPA(国連人口基金)も賛同。7局ともに、女性の“健康な生き方”につながるさまざまな情報を提供していきます。

UNFPA 成田詠子 駐日事務所長のコメント

いま、世界はより複雑になり、デジタル空間における暴力はますます増加しています。国連人口基金は、女性の生き方や健康について考えるメディア連携キャンペーン「#国際女性デーだから」に賛同しています。日本、そしてグローバルで多くの方々に、3年目を迎えるこのキャンペーンに参加していただきたいと考えています。

「#国際女性デーだから」UNFPA キャンペーン公式サイト


【NHKで放送する主な関連番組】

ドキュランドへようこそ
「抵抗の“種”をまく メキシコのキュートで過激なイラストレーター」

3月8日(金) Eテレ 午後11:00~11:49

女性が日常的に暴力の犠牲になっているメキシコ。その理不尽さを、ポップながら反骨心あふれる作品で訴え、同世代の女性たちを勇気づけている若きイラストレーター、マールの創作と葛藤を見つめる。1日に11人の女性が殺されているといわれる中、男性を恐れて生きる人々にとってマールの存在と作品は生きる希望だ。

 

ハートネットTV
「私のリカバリー“幸せの軸は自分にある” 滝沢ななえ』

3月25日(月) Eテレ 午後8:00~8:30

バレーボールのプレミアリーグで活躍していた滝沢ななえさん。引退後、レズビアンであることを公表。現在は、SNSなどを通じて同性パートナーとの暮らしぶりやLGBTQ+をめぐる思いや考えを発言し続けている。カミングアウトをめぐる葛藤や、性的マイノリティーを取り巻くスポーツ界の現状などについて話を聞く。

 

【ニュース企画などそのほかの関連番組】

詳しい番組情報は、こちらのサイトで随時更新されます(NHKのサイトに移動します)
※番組名や放送日時等は変更になる場合があります

 

【NHKプラス プレイリスト「#BeyondGender」】

総合・Eテレで放送する関連番組は、見逃し配信「NHKプラス」の「#Beyond Gender」プレイリストで放送後1週間ご覧いただけます。

 

【NHKで配信する関連記事】

みんなでプラス
「ジェンダーをこえて考えよう #BeyondGender」

ジェンダーに縛られず、誰もが自分らしく生きるために何が必要か。
さまざまな番組が継続的に情報を発情し、視聴者のみなさまといっしょに考え、課題解決につなげていくためのNHKのサイトが「ジェンダーをこえて考えよう」です。男女共同参画、LGBTQ、性教育をめぐる問題について、放送と連動した記事と、視聴者のみなさまから寄せられたご意見を公開しています。