梅吉(柳葉敏郎)が亡くなった。葬儀では、松吉(木内義一)が号泣しながら、遺影の自慢をする。

そんな中、スズ子(趣里)は、葬儀に参列していた初老の女性と目が合う。杖をつきながら歩いていたその女性は、15年前に一度だけ話をしたことがあるスズ子の生みの親、キヌ(中越典子)だった。
あのときは小さかった2人の息子たちも、今では立派な青年となっていた。スズ子は、キヌと2人で話をすることに。