幼稚園・保育所から小学校3年生向けに、読み聞かせや読書の楽しさを伝える番組「おはなしのくに」は、1990年の放送開始から34年目を迎える長寿番組です。アニメや映画では見たことがあっても、「原作は読んだことがない」という子どもが増えている教育現場の声にこたえ、“日本の名作”を放送します。

青木崇高×「ごんぎつね」

2~3月に放送する新作は、「ごんぎつね」「注文の多い料理店」「一休さん」の3本です。


青木崇高×「ごんぎつね」

2月8日(木)Eテレ  午後4:50~5:00
2月26日(月) Eテレ 午前9:15~9:25(再)

―「ごん、お前だったのか」―

「ごん、お前だったのか」のフレーズが有名な名作『ごんぎつね』を、俳優・青木崇高さんが一人芝居でお届けします。演じるのは、いたずら好きなキツネの“ごん”、そして“ごん”にうなぎを盗まれる男・兵十ひょうじゅう。“ごん”と兵十のすれ違いから、自分の気持ちを伝え相手に理解してもらうことの大切さと難しさを伝えます。


もう中学生×「注文の多い料理店」

2月22日(木)Eテレ  午後4:50~5:00
3月4日(月) Eテレ 午前9:15~9:25(再)

 

 

―「当軒は注文の多い料理店ですから」―
 

宮沢賢治の名作『注文の多い料理店』をもう中学生さんが案内します。狩りをする金持ちの男二人がたどり着いたのは「どなたもどうかお入りください。決してご遠慮はありません」と貼り紙がある“山猫軒”。中へ入ると、大きな扉に今度は別の貼り紙が!その指示に従いながら奥へと進むと、そこにはまた別の大きな扉――。もう中学生さんのイラストで創り出される世界観にも目が離せません。


荒川良々×「一休さん」

3月7日(木)Eテレ  午後4:50~5:00
3月11日(月) Eテレ 午前9:15~9:25(再)

―「どうしてか とんちんかんだが どうしてか!?」―

痛快な“とんち”で問題を解決し、“すぐにあきらめず、まずは考えてみよう”と思わせてくれ るところが人気の一休さん。そんな一休さんの大人時代と、子ども時代、年代の違う一休さんを俳優・荒川良々さんが演じます! 今回お届けするのは、『つの字問答』と『ついたての虎』。愉快痛快、みんなから愛される一休さんの“とんち話”をおたのしみに!

 

※放送後から NHK for School 「おはなしのくに」で動画配信予定です。
「おはなしのくに」公式サイトはこちら