昭和23年、羽鳥善一(草彅剛)がスズ子(趣里)に贈った「東京ブギウギ」は、明るいブギのリズムが人々の心をつかみ、空前の大ヒットとなる。山下(近藤芳正)は、“ブギの女王”の次の一手が大切だと考えるが、羽鳥は忙しくなかなか新曲に取りかかることができないでいた。

そんなある日、スズ子は芸能記者・鮫島(みのすけ)の取材を受けることになる。しかし、この記事がきっかけでスズ子は大変なことに巻き込まれてしまう。