嘘のつけない不動産営業マン・永瀬財地(山下智久)とカスタマーファースト命の月下咲良(福原遥)の名コンビが活躍するビジネスコメディードラマ「正直不動産」がパワーアップして帰ってくる! 今回、永瀬財地を演じる山下智久に、役への思いや物語の見どころについて話を聞いた。


――前作が大変好評でしたが、視聴者からの反響はどのように受け止めていましたか?

実は、撮影現場に視聴者の方からいただいたメッセージなどを貼っています。その温かい言葉に僕らはいつも励まされています。長いセリフが多く大変な場面もありますが、そういったシーンを乗り越えられるのは、いつも応援してくださる皆様のおかげです。続編に参加させていただくことは、俳優業をやらせていただくなかで一番うれしく光栄なこと。この思いを日々かみしめながら、撮影を行っています。

周囲の方からは「不動産の勉強になる」といった感想をいただくことが多いですね。不動産情報のほかにも、人生のヒントとなるセリフやシーンが詰まっていますし、笑って泣けるコメディードラマでもあります。一石“三”鳥ともいえる作品ですので、「正直不動産2」をぜひ多くの人に見ていただきたいです。

――再び永瀬というキャラクターを演じられていかがですか?

前作の放送から時間は少し経ちましたが、永瀬というキャラクターが自分の中に無意識に染み付いているようで、自然に演じることができています。他のドラマと比べるとセリフ量は多いですが、前作で不動産用語のボキャブラリーも培ってきましたので、日々楽しく撮影を行っています。

永瀬は、祠と石碑を壊した祟りによって、「風が吹くと本音を言ってしまう」キャラクターです。その影響でプライベートでも、友人に風を吹かせられて、本音をつい言ってしまうことも(笑)。おかげさまで、本音を言いやすくなりましたね。今は言いたいことをなかなか言えない時代だと思いますが、永瀬のように「正直全開」でありたいなと思います。

正直に生きるためのコツは…、1人の時間を作り、今自分が何を大事に思っているのか、何を楽しいと感じているのか、といったことを自問自答することが大事だと感じます。自分の心の声に耳を傾けてあげると、おのずと目指すべき方向性が見えてきますから。僕はサウナがすごく好きなのですが、心の整理整頓ができる時間でもあるので、本当に欠かせないですね。メンタル的にも体力的にも整う感じがします。実は今日も朝サウナに行ってきました。ばっちりと整いました(笑)。

――福原遥さん演じる、永瀬の後輩・月下咲良とのコンビも楽しみです。

ありがとうございます。福原さんとは、前作で初めて共演しましたが、「現場の女神」ですね。彼女がいるだけでパッと明るくなるので、僕自身も毎日励まされて、勇気づけられています。実は、福原さんとのシーンは、前作からアドリブが多くあります。多すぎて思い出せないくらいで…(笑)。監督さんから「ここで何かお願いします」と言われて、アドリブを入れたことも。そういった経験もたくさん経てきましたので、福原さんとの呼吸もすごくあってきたように思います。

――そして、永瀬の強力なライバル・神木涼真(ディーン・フジオカ)や、永瀬と月下の後輩となる十影健人(板垣瑞生)といった新キャラクターも登場します。

ディーンさん演じる神木は、元登坂不動産のNo.1営業マンで永瀬の先輩。うそをつくことをいとわない営業を行うなど、正直な永瀬とは対照的なキャラクターです。謎多き神木が、どのように永瀬に影響をもたらすのか、永瀬と神木の師弟対決にも注目いただけたらと思います。

僕がもし家を購入するとなったら、神木ではなく永瀬に対応してほしいですね(笑)。神木は、誰にも教えていない秘密の物件を教えてくれそうですが…、やっぱりお客さんの幸せのために動いてくれる永瀬に良い家を見つけてもらいたいです。

ディーンさんとは、一緒に食事ができたらと連絡を取りあっていたのですが、なかなかスケジュールが合わず実現できませんでした。今回の撮影が一段落したら、ゆっくりお話しさせてもらえたらうれしいです。

そして、永瀬と月下の後輩となる十影は、Z世代の申し子ともいえるくらい、何事も合理的に考え、むだだと思う残業などは全くしません。その感覚は、僕たち上の世代も学ぶことはあると思う一方、人と人との関わり合いも大事だと感じています。そのバランスをうまく取っていけたら、より豊かな人生になるのではないかなと。カスタマーファーストで動く永瀬や月下の姿に、十影がどう影響を受けるのか——、ぜひ放送で見ていただけたらと思います。

――山下さんは、家に対するこだわりはありますか?

僕が大切にしていることは、日当たりです。「人生、日当たり」だと思うくらい、日当たりが良い方が楽しく人生を過ごせるかなと感じます。パーッと日が差す部屋で朝を迎えると、「よし、今日も頑張ろう」とやっぱり気持ちが上がりますよね。日当たりがよければよいほど、いい部屋だなと思います。

家は人生の中で過ごす時間がとても長い場所です。けれども不動産は、知らないことが悪いと感じてしまうほど、知っているか知らないかで差が大きく出てきてしまう世界です。今回、役を通してさまざまなことを学んでいますが、自分のため、そして家族のためにももっと知識を蓄え、理解を深めたいと思います。

――最後にメッセージをお願いします!

神木や十影といった濃厚な新キャラクターも見どころですが、前作から続く、原作にはないドラマオリジナルの展開である、永瀬と榎本さん(泉里香)との関係にも注目してほしいです。かなりコミカルに描かれている一方、お互いを尊重し合う関係性でもあるので、今回2人にどんな展開が待ち受けているのか、ぜひ最後まで見届けてください。

撮影はとてもいい雰囲気で進んでいて、ドラマ全体の明るさがそのまま反映されているように思います。永瀬と月下の成長含め、バージョン2にアップデートした作品をしっかりお届けしますので、ぜひ「正直不動産2」を多くの人に視聴いただけたらうれしいです。

山下智久(やました・ともひさ)
1985年生まれ、千葉県出身。歌手のほか、ドラマや映画など数多くの作品に出演するなど、多方面で活躍中。NHKでの主な出演作に「正直不動産」など。