110話のココに注目!(ネタバレあり)


舞(福原遥)たちはデザインパンチングを利用した照明の新製品を開発。だが、仙波(森下じんせい)は大手のインテリアショップの担当者を連れてくる。担当者が1個1万円で売り出したいと言うのに対し、御園(山口紗弥加)は利益を出すためには最低3万円の価格になると答える。

だが、担当者は、デザインパンチングの部分は仙波の工場で行い、その他の部分は中国の工場に委託し大量生産すると言う。

「うめづ」で、佳晴(松尾諭)の話を聞く舞と久留美(山下美月)。