クローズアップ現代「史上最年少の頂上決戦 囲碁界に新風!若手棋士たちの物語」
1月31日(火)総合 午後7:30~7:57
再放送 2月1日(水)BS1 午後5:30~6:00

※放送後1週間、NHKプラスで見逃し配信予定


一勝一敗となり、最終局にもつれ込んだ「女流棋聖戦」。1月31日(火)の「クローズアップ現代」では、頂上決戦に挑む囲碁の若手トップ棋士たちへの独占取材を放送。

番組は去年11月から、仲邑菫(なかむら・すみれ)三段が史上最年少のタイトル獲得を賭けて戦っている「女流棋聖戦」の舞台裏に密着。「中学生のうちにタイトルをとりたい」と語る仲邑さんが、今回の決戦を前に囲碁が盛んな韓国に飛び、強豪相手に修業に打ち込む姿を追った。

韓国で強豪と対局を重ねる仲邑さん

一方、迎え撃つのは公式戦勝ち星ランキング1位の上野愛咲美(うえの・あさみ)女流棋聖(21)。上野さんは、男女混合棋戦でも連覇を果たし、次世代の旗手として期待されている。相手の石を大量にしとめる攻撃的な碁は「ハンマーパンチ」と恐れられている。

AIを使いながら研究する上野さん

今回、“すみれもん対策”と銘打ったノートを手に、AIも活用しながら新たな布石を追究する姿に迫った。生放送のスタジオには、これまで数々のタイトルを獲得し、2人とも対局経験がある藤沢里菜(ふじさわ・りな)女流本因坊(24)が出演。互いに高めあう若手女性棋士たちの知られざる物語と、彼女たちの活躍の背景にある、存続をかけた日本囲碁界の戦略を伝える。

スタジオゲスト 女流二冠の藤沢里菜さん