1月21日(土)放送開始の土曜ドラマ「探偵ロマンス」の新たな出演者に、連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」でヒロイン・橘安子を演じた上白石萌音、同じく“カムカム”で、野田一子/ベリーを演じた市川実日子さんが決定!


上白石萌音 メッセージ

カムカムチームが再集結してドラマを作ると聞いて、とてもワクワクしました。演出は安達もじりさん、主演はカムカムで私のお兄ちゃんを演じていただいた濱田岳さん。さらにモモケン・尾上菊之助さんも出演され、私の大好きな大橋トリオさんが音楽を担当されると聞いて、「いいなー、私もなにか参加できないかな」と思っていたのですが、念願が叶いました! どこで私が出てくるのか、ぜひ楽しみにしていてください!

起用にあたって:制作統括・櫻井賢
カムカムファミリーの上白石萌音さんとのすてきな再会を果たしました。そして、萌音さんだからこその最高のパフォーマンスを「探偵ロマンス」に焼き付けてくださいました。それは、物語におけるとてもとても大切な場面となります。いったい、どこに萌音さんが現れるのか・・・「読者のみなさんはもうお気づきかもしれません」(明智小五郎)これだけはお伝えしておきます・・・萌音さんは、第2話、そして第3話にて、その存在感を増していきます。その瞬間を堪能していただくためにも、もちろん第1話からご覧いただかなくてはなりません。
1月21日(土)からいよいよ始まる土曜ドラマ「探偵ロマンス」、どうぞよろしくお願いいたします。


■男装の麗人
市川実日子

[役柄]
太郎と三郎の前に現れる謎の人物。その美しいまなざしの奥に秘めた思いとは何か?果たして、敵なのか味方なのか……。

(市川実日子さんからのメッセージ)
「男装の麗人の役です」と聞いた瞬間、わくわくする気持ちが湧いてきて、脚本からは、現代との重なりを感じました。衣装合わせでは、当時のおしゃれのお話と、装飾品の美しさにうれしくなり、現場では、髪をミリ単位で整えていく真剣なメイクをしていただきながら、この役と、この作品を知っていくよろこびがありました。
1年ぶりの再会だった、チームカムカムのみなさんのこの作品への情熱は、京都の寒空の下、心がぽかぽかと温まってくるほどでした。新しい年に、流れるこの作品を楽しみにしていただけたら、うれしいです。

起用にあたって:制作統括・櫻井賢
坪田文さんが魂を込めて書き下ろしてくださった「探偵ロマンス」では、クセの強い登場人物たちが大いに存在感を発揮し、濱田岳さん演じる若き江戸川乱歩や草刈正雄さん演じる名探偵・白井三郎を翻弄していきます。

なかでも、二人と対峙する最も重要な役が、“男装の麗人”です。「この役は、この方しかいない」・・・その念願かない、市川実日子さんをお迎え出来ました。その実現の裏には、「探偵ロマンス」チームが抱く、ある秘めた野望も存在しております。はてさて、男装の麗人が、いつ、どこで現れるのか、どうぞお楽しみに!


第1回の見どころはこちらから!