歯に衣着せぬ言動で日夜事件を起こし続ける“自称・サバサバ女”網浜奈美と、いたって常識的な大人たちが繰り広げる痛快共感型コメディー、夜ドラ「ワタシってサバサバしてるから」

放送開始にあたり、主演の網浜奈美を演じる丸山礼さんと彼女のライバルとなる本田麻衣を演じるトリンドル玲奈さんから、それぞれコメントが到着!


丸山礼 コメント

――ドラマ初主演の感想は?

めちゃくちゃプレッシャーがありましたし、超緊張したんですけど、髪も切って、網浜さん風のつり上がったアイラインとかピチピチの服とか用意していただいて、漫画を読みながらちょっとずつ網浜さんが自分の中に入ってきました。

周りの皆さんの網浜さんのキャラクターを作っていこうとしてくださる感じにすごく助けられましたね。演技とかお芝居は経験がなかったので不安だったんですけど、すごくやりやすいようにスタッフさんも含めて、良い環境を作って下さいました。

監督も「台本はあるけど、自分が言いやすいように言っていいよ」って仰ってくださったので、自分の中に網浜さんを入れて、セリフも自分から出てくる言葉として言えたので、そこは良かったかなって思っています。

――視聴者の皆さんに、どのようにこのドラマを見てほしいですか?

15分ということもあって、タイムパフォーマンスを重視する若者とかには刺さりやすいんじゃないかなって思います。

現代に生きる中で悩んでいることとかを投影しているドラマだと思うので、「あー、めっちゃこういう場面あるわぁ」みたいに思いながらも、網浜奈美という存在がどん!っと大きくいるので、彼女の真似をして明日は生きてみようかなとか、心に小さい網浜奈美を置いとこうかなとか、みたいに心のお守り的な感じで網浜さんとか「ワタサバ」の作品自体を楽しんでもらえたらうれしいです。


トリンドル玲奈 コメント

――本田麻衣と網浜奈美のキャラクターについて?

本田は、見た目はガッツリかわいい感じなのですが「なかなかこれは言わないかも」というようなことも言ったりする“真のサバサバ女”と呼ばれるようなキャラクターです。どういう気持ちでこれを言ってるのかな? 嫌味なくそれを言えるその人間性はどこから来てるのだろう?と考えながら台本を読んでいました。

網浜さんはいつも一生懸命で、誰に対しても分け隔てなく接することができる人。周りからすると目が離せない存在ですね。

――網浜奈美のキャラクターについてどう思いますか?また本作の見どころは?

最初は網浜さんってどんな人なんだろうと思いながら、原作と台本を同時に読み進めていましたが、私だったらこうは言わないなという言葉を網浜さんは言ってしまう。それを淀みなく言える人間性はどこから来てるんだろうと考えている頃には、もう網浜さんのことを好きになっていました。

厄介者だけど、周りの人からすると、逆に目が離せない存在。あそこまで強烈じゃなかったとしても(笑)、みなさんの周りにも似ている人がいるんじゃないでしょうか。私はどのキャラクターに考え方が近いかなとか、あの人はあのキャラクターに似ているなとか、自分の人生と照らし合わせながら見るのも楽しいのかなと思います。


▼主演・丸山礼さんのインタビューはこちら!
夜ドラ「ワタサバ」で初主演! 丸山礼「少しイラッとするけど、網浜のポジティブさは心のビタミン剤」