「東下り」と言えば、「身を要なきもの」と思って東へ下った『伊勢物語』の在原業平(ありわらのなりひら)を思い浮かべます。頼朝挙兵の頃からは、「京下り」の人が多くなります。業平と違って、希望に燃えて、京から鎌倉に下ります。

鎌倉幕府は京下りの官人がいなくてはできなかったと、中世史の研究者は力説します。武士たちの抗争に目を奪われがちですが、幕府の屋台骨を作ったのは武士ではなく、京下りの官人たちでした。

ドラマでも、地味ですが、常に中枢で実務をこなしている人たちがいますね。中原(ちか)(よし)、三善康信、二階堂行政、大江広元などなど。服装が武士たちと違うので、すぐにわかります。

中原親能は流人時代の頼朝と親しく、頼朝の息女の(さん)(まん)乳母夫(めのと)となりました(三幡の没後、出家しました)。三善康信は、母が頼朝の乳母の妹で、流人時代の頼朝に頻繁に京都の情勢を伝えていました。二階堂行政は頼朝の母方の祖父のおいにあたります(義時妻≪ドラマでは「のえ」≫の祖父です)。

皆、もともと朝廷に仕えていた下級官人でしたが、こうした縁で、鎌倉に招かれました。京の階級社会に限界を感じ、新天地を求めて、経験を活かしての転職です。

中でも、冷静沈着な大江広元は親能の兄弟で、親能の推挙で鎌倉に下りました。中原姓でしたが、晩年に大江に改めました。やがて文官のトップになります。栗原英雄さんの出番です。

有名な守護・地頭制度の安定化に大いに力を奮ったのが広元です。また、何度も京と往復し、時に長期滞在して、京と鎌倉との折衝係として重要な役割を果たし、「頼朝の腹心」と評されました。

頼朝の死後は頼家に仕えます。頼家は広元の屋敷で病にふせり、そこで出家をしました。そして次代の実朝のもとでも行政面で力を奮い、義時の政治上のパートナーとして、幕府体制を固めていきます。

和田合戦のときに、義盛が広元邸も襲撃対象としていたことからも、広元の存在の大きさがわかります。また、ドラマでは三善康信が実朝に和歌の指導をしていましたが、広元は実朝の文化的な関心を満足させようと、京都からさまざまな文物を取り寄せたりしていました。

武士が次々と姿を消していく中で、広元だけでなく、文官は排除されませんでした。幕府運営のために必要とされたのです。

広元たちは、主君が代わっても、組織を安定化させるために、黙々と実務をこなしました。特定の主君のためにというよりも、新しい政治制度の確立と安定のために働いたのです。その代表的存在が広元でした。

政治機構は頂点に立つ人物一人では成り立ちません。ブレーンとなる高官、実務を担う文官たちに、どれほど優秀な人物を抱え込めるかに成否がかかっています。

幕府の組織を一から立ち上げるために、頼朝は行政機構を熟知している人々を京から招き寄せ、信頼し、任せました。京下りの人々は、未知なる事態に対応すべく、工夫と改良を重ね、成果を上げていきました。頼朝の成功の鍵は、優秀な人物を招いて体制を作らせたことにあったのです。

静岡県生まれ。お茶の水女子大学大学院博士課程人間文化研究科比較文化学専攻満期退学。博士(人文科学)。現在、駒澤大学文学部教授。『平家物語』などの軍記物語を中心とした中世日本文学の研究を専門としている。著書に『『平家物語』本文考』、『平家物語の形成と受容』、『90分でわかる平家物語』、『平家物語大事典』(共編)、他にCD集「聞いて味わう『平家
物語』の世界」などがある。NHKでは、ラジオ〈古典講読〉「平家物語、その魅力的な人物に迫る」に出演。